フィットネスレポート

トレーニング方法と姿勢を見直す | 結果を重視するあなたに必見!シェイプアップを上手にやろう vol.1

2014.01.08 カテゴリ:トレーニング

姿勢_1
 
“ダイエット=食事管理による減量”がうまくいかないのと同様に、
“トレーニングよるシェイプアップ”がうまく行かないことにもいろいろと要因が考えられます。
 
結果が出ていないというのは、結果が出ないようにやっているともなってしまうので、
頑張っているのに・・・といっても始まらないわけです。
 

結果が伴うトレーニング方法とは?

トレーニング方法を見直す

トレーニングによって体型が変わる、ボディメイクできるということは、
トレーニング刺激が今のご自身の体型を変えるだけのエネルギーを持っていないといけません。
新たな適応を起こすぐらい十分な負荷量が必要であるということです。
 
筋肥大のトレーニングでいえば10回3セットのような内容が多いと思いますが、
10回やったということに意味があるのではなく、
限界まで反復したところが9回や10回だったということです。
10回やってもう一回行けるなら11回やらないといけない。こういったイメージでしょうか?
 
トレーニングを継続している方の中で重さも回数もそのままというという方。
始めは限界だったとしても数か月続けていて変化がないということはあまりないと思います。
ということは重くなるか、反復回数が伸びるはずですし、
身体の能力に合わせて与える刺激を調整することで、体型を変化させることが可能になってきます。
 

トレーニング中の姿勢もが大切

もう一つは「姿勢」の問題です。
脚を細くするとか、ウェストを細くするといった場合は特に姿勢の影響を受けやすいと考えています。
崩れた姿勢のまま、負荷をかけることでかえって脚が太くなった
ということにもなりかねないので注意が必要です。
正しい姿勢、動作を身につけるのがこの場合はいいでしょう。
 
ただし、姿勢を変えたとしても、しっかりトレーニングをしないともちろんボディメイクにはなりません。
他人の手を借りて整えた姿勢だけでは
ご自身の感覚も運動能力もなにも変わっていない=ボディメイクできていない
ということになるのでご注意を・・・
 

avatar

高津 諭

パーソナルトレーニングサービスを開始して12年。 フィットネスクラブにおける健康体力の向上 エアロビクスインストラクター養成講習でのトレーニング指導 スポーツ系専門学校でのトレーニング実践の授業担当 パーソナルトレーナー・インストラクター向けのセミナー講師多数

関連記事

all all all
トップへ戻る