フィットネスレポート

身体を自然体に戻す|トレーニングと姿勢の深い関係vol.3

2013.05.20 カテゴリ:トレーニング

oka_sisei_03

テレビでスポーツ観戦をしすぎたせいか、
昨晩からどうも首の動き、肩に違和感を感じていました。
肩凝りとは無縁な人間の私にとってはこれを肩凝りというのかは分からないのですが、
「肩凝りの人は常にこんな感じなのだろうか?」と想像する限りは、
ダル重い感じや痛みに似た違和感が気持ち悪くて仕方がありませんでした。
こんな時に、マッサージやストレッチを施してくれる人が身近にいれば
どんなに有難く幸せなことかと思いましたが、
自分で自分の身体を思うように緩めたり、伸ばすことはさすがに限界があります。
 

身体にとって自然な状態とは?

リセット・ムーブメント

しかしっ!!
「トレーニングは自分でできる!」ということで、
今日は仕事終わりにトレーニングをしてきました。
トレーニングといっても特別なものは全くなく、
体操から始まり簡単な手足を動かす動きを中心としたものです。
どの動きも無理に伸ばしたり引っ張ったりするものではなく、
大きな力がなければできないようなものでもありません。
強いて言うなら、『自然体』に戻すための動きですので、
『リセット・ムーブメント』とでも名付けましょうか(笑)?
 

自然体を身体に覚えさせる

一通りやり終えたら、首から肩にかけての違和感もなくなっており身体も温まっていましたので、
そのまま本格的なトレーニングをやって終了しました。
電気を当てたり、湿布を貼ることで身体の痛みや違和感が消えることもあるかもしれませんが、
私のオススメは身体を『自然体』に戻すことです。
一筋縄で容易にできるものではありませんが、
覚えられれば身体は必ず楽に気持ちよくなりますので
是非とも実践することをオススメします!
 

avatar

岡 瑛彦

大手フィットネスクラブで5年勤務。その間はスタジオインストラクター、プールコーチ、トレーナーとして多くの方の運動指導に当たる。 2011年春に独立後、京都~滋賀のスポーツクラブを中心にパーソナルトレーニング指導をする傍ら、大学やプロのスポーツチームのフィジカルコンディショニングコーチを勤める。

関連記事

all all all
トップへ戻る