フィットネスレポート

猫背、エネルギー代謝低下の原因にも!?|骨盤を正しい位置に戻すトレーニングvol.1

2013.11.11 カテゴリ:トレーニング

hatano_01

トータル・ボディデザイン・フィットネスVADY、トレーナーの波戸岡です!
ジムに通っている方やトレーニング経験者は、
骨盤の前傾・後傾という言葉をよく聞かれると思いますが
基本的には、骨盤はやや前傾していると言われています。
 
この骨盤の動きが身体に様々な影響を及ぼします!
今回は、骨盤の後傾により引き起こされる問題点についてご説明致します。
 

骨盤の正しい位置を知って、効率的なトレーニングを

骨盤後傾とは、ハムストリング(もも裏)・大臀筋(お尻)・腹筋の硬縮により骨盤が後ろに傾くことです。
例えば、ソファーに座る時などは骨盤後傾になっている人が多いです。
 

この骨盤後傾により生じる問題点

・歩行時の歩幅が狭くなる。
・骨盤後傾により猫背姿勢になる。
・トレーニング(スクワット)の時などに背中が丸まる可能性がある。

 
例えば、骨盤後傾だと猫背姿勢になり、
歩行時の歩幅が狭くなることから歩く時に使われる筋肉(腸腰筋・大臀筋など)が
少なくなる為にエネルギー代謝が悪くなります。
その結果、痩せにくい身体になります。
 
そこで骨盤を前傾に傾ける為には様々なトレーニングが必要になってきますが、
特にハムストリングと大臀筋のストレッチ、腸腰筋のトレーニングが必要になってくると考えます。
 
次回は、実際のトレーニング方法をご紹介します。
 

avatar

波戸岡 弘光

大阪のトータル・ボディデザイン・フィットネスVADYでパーソナルトレーニング・パーソナルストレッチ・姿勢改善を中心に活躍するトレーナー

関連記事

all all all
トップへ戻る