フィットネスレポート

酵素は健康に美容にも効果的!

2
 
大阪・北浜パーソナルトレーニングスタジオ加圧トレーナーの窪田です。
  
ここ最近よく目にするのが、「酵素ドリンク」。
正しく理解し、味方にすれば健康にも美容にもかなり効果的です。
でも、誤った理解が多いように思えます。
  

必要な酵素を自分の体内で作るには?

少し簡単に説明してみます。
成分は、タンパク質。
ということはアミノ酸ということですね。
この辺はコラーゲンも同じなんですが、最小単位に分けていくとアミノ酸ということです。
人は最小単位でしか、吸収できないので結局はアミノ酸にまで分解して吸収する。
ということは、食品に含まれる酵素がそのまま体内に吸収されて酵素として使われる…
というと、これは違うんですね。
 
身体ってうまく出来ていて、他の生物由来のものは、そのまま使えないんです。
なので、酵素を吸収しようというより、
酵素となる材料をしっかりと吸収して”自分の体内で必要な酵素が作れるようにする”ことが大事!
 

酵素の材料

材料はタンパク質、ミネラル。
これは熱さない方が摂りやすいかもしれない。
酵素を摂るために、というより材料を摂りやすいためにという感じです。
そのためのローフード(Law food)というのもありますね。
あと酵素が適切に働くためには、補酵素となるビタミンも必要。
なので、タンパク質・ビタミン・ミネラルを毎日しっかりと摂れていれば、酵素は自分で作れます。
そちらを目指すのが、一番の健康・美容につながります。
 

酵素の無駄使いを防ぐポイント

もうひとつ大事なポイントは、”酵素の無駄使いを防ぐこと!”
・睡眠不足
・過度の飲酒
・喫煙
・過食
・電磁波
・化学物質の過剰摂取(薬や食品添加物など)
・精神的ストレス
これらが酵素を減少させると言われています。
ここまで考えていくと結局、食事とライフスタイルですね。
 
○○を飲めば、大丈夫なんて簡単なものはほとんどないですね。
なので、サプリメント選びも「○○を摂ってれば、痩せる・キレイになる」というより、
・必要な栄養(タンパク質、ビタミンミネラル)を摂れているかどうか。
・自然由来の有機原料でつくられているかどうか

がポイントです!
 

毎日の食事の意味を考えると、選ぶものも変わる!

1
 
大阪北浜パーソナルトレーナーの窪田です。
 
身体は口から入れたもので出来ています。それらからしか作られません。
ということは、栄養、水、空気からです。
 
若々しく見えるのか…老けてみられるのか…
アンチエイジングも、太る痩せる、調子が良い悪いも
それらは口に入れるものの質によってある程度決まります。
他の要素ももちろんありますが。
 
その中でもまず栄養を考えてみましょう。「食事の意味」ここが基本。
毎日欠かさずに食事をされていると思いますが、その意味を考えたことがありますか?
 

理想の身体はバランス良い食事から

食事には大きく分けて、3つの要素があります。
1.カロリーを摂る。
2.気持ちをコントロールする。
3.栄養を摂る。

 

1.カロリーを摂る。

まず1つは”カロリーを摂る”こと。
これは美容健康に興味があれば、すでに気を付けられている方も多いのではないでしょうか。
最近は、お店でメニューにカロリー表記されているところも多いですね。
自分の代謝量や運動量(活動量)に合わせて、カロリーを調整するのはもちろん大事です。
ですが、カロリーだけを考えて食事をコントロールすると落とし穴もあります。
 

2.気持ちをコントロールする。

2つ目の、”気持ちをコントロールする”が出来ているかが大きなポイント。
食事を摂ることで、人は幸福感を感じますが、
それは脳が反応して、幸せを感じるホルモンが出てくるからなんです。
おいしいものを好きな人と食べた時は、なおさら幸せですね。
ダイエットのためなど、食事を過度に制限したり、カロリーを意識しすぎたりすると
それ自体がストレスになってしまいます。
人はストレスや疲れを感じると、
甘いものが欲しくなったり、食べること(飲むこと)で手軽に発散したくなり、
本末転倒ってことも…
食べ過ぎないダイエットも時には必要ですが、何をどれだけ摂るかが重要。
時には甘いものも食べていいんです。
要は、どうバランスを取るかです。
 

3.栄養を摂る。

これは3つ目の、いかに”栄養を摂る”かにもつながってきます。
その意識がないと
・カロリーを制限していたが、タンパク質も不足していた…
・おいしく楽しく食べた食事のほとんどが糖質だった…
ということにもなりかねません。
 
 
正しい知識を身につけると、チョイスが変わります。
その積み重ねで身体は作られます。
 
是非これからは、食事の意味も考えながら口に入れるものを気にしてみてください。
 

ダイエットは食事の摂り方…大げさに言えば生き方そのものだ!

7
 
ウェイトコントロールの基本的な考え方、効果的な運動と食事についてまとめてみました。
 

【基本的な考え方】

体重が減るということはどういうことか?
質量保存に従えば、出て行った質量より入ってくる質量が少なければ減る、多ければ増える…
水を500g飲めば500g増える。汗を500gかけば500g減る。
単純に言えばそういうことです。
この場合、体重計の数値は変化しますが、体の中身の変化は水分の移動が中心です。
一方、カロリーの収支による差は、筋肉や脂肪などの組織の変化に影響します。
さまざまなダイエット法や夜食べると太る、○○を食べると太るということとも
まずは大枠として「質量保存」と「カロリー収支」というベースがあって考える事です。
 

【効果的な食事とトレーニング】

カロリー収支は大切ですが、だからと言ってカロリー計算が出来たり、
栄養素の働きがわかればダイエットが成功するという事ではありません。
そこで食事に関しては、
お米と味噌汁のような日本人に遺伝的、文化的に根づいたものをお勧めしています。
 
ウェイトコントロールにおけるトレーニングの役割は、
筋肉量の増加による基礎代謝の向上、運動量が増えることによる消費カロリーの増加、
トレーニングの習慣化によるライフスタイルの改善などが考えられます。
脂肪燃焼目的の有酸素運動も筋肉量を増やす筋力トレーニングも実施者の体力や状況によって
バリエーションが豊富なので、一概にベストなものというのは決定できません。
また、ウェイトコントロールにおいては
短期的効果よりも継続による長期的効果を期待するものだと思います。
 

減量中のパーソナルトレーナーの食事からダイエットを考える|食から身体を考えるコラム-vol.5-

005_takatsu_01
 
ボディビルコンテストを控えているため
減量継続中のパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。
 

減量するためには食事の取り方を考える

005_takatsu_02
現在の食事は、夏バテ防止を意識したものになっています。
お米などでんぷん質の食品をしっかり食べる。
夏野菜をしっかり取る。
体を冷やしすぎないように生姜をうまく活用する。
 

食べ過ぎれば太るということに間違いなし

数日後、「フィットネスニュートリションスペシャリスト」という講習会で
栄養学について講義をしないといけませんので、
ちょうど今いろいろまた調べ物をしているところです。
 
食べ物からみた栄養素、体の側からみた栄養素の使われ方、伝統食、
いま巷にある「○○ダイエット」・・・並べてみると大変面白いのですが、
要は食べ過ぎれば太るという単純な構図であることは間違いありません。
 
上記の写真は私にとっては食べ過ぎでないものですが、
また別の人にとっては食べ過ぎであるかもしれない。
「内容の良しあし」「量の多少」は結局のところ個人に依存するということですね。
 
今のあなたの体を作っているのは、これまでに食べてきたものによります。
体を変えたいなら、食べ方を変えることも必要であることがわかりますね。

 

ステーキの付け合わせは科学的な根拠が!?|食べることは身体つくりの基本-vol.1-

008_okumura

トータル・ボディデザイン・フィットネス VADYの奥村です。
本日から3回に渡って食事について書かせて頂きます。
 

食材の取り合わせは、栄養の効率的な摂取を促進する!

体重の増減に関わらず、食事に気をつけていらっしゃる方は沢山おられると思います。
その中でも食材の取り合わせを重要視しながら内容を組み立てていくと、
楽しく効率的に進めることができます。
 

ステーキと付け合わせの意味

例えば、ステーキの付け合せには人参のバターソテーやポテトが添えられることが多いですが、
あれは食材と味付けのバターにビタミンAやB6、ナイアシンが含まれ、
食べたお肉と脂肪分を分解、消化し易くするのを
身体が自然に感じ取っている為とも言われています。
 
酵素や、ビタミン、ミネラル等の助けがないと
せっかく気をつけて摂られているタンパク質や炭水化物等の栄養素が充分に分解されずに
身体に残留したり筋肉に変換されにくかったりし、
脂肪太りの原因になりやすかったりするとも言われています。
トレーニング効率を高める為にも、またストレス無く食事制限を継続する為にも
三大栄養素以外にも目を向けてみましょう。
 
ちなみに個人的に、鶏肉には枝豆やキャベツが、
主食の炭水化物にはブロッコリーがオススメです。
枝豆、キャベツにはビタミンA、B6が豊富で、タンパク質や脂質の分解が、
ブロッコリーはパントテン酸等が含まれる為に糖質の分解が進みますし味も合います。
 

カラダとエネルギーの関係を知ろう! vol.11「収支バランス以外で身体組成に影響してくるもの・・・②」

福岡市南区のパーソナルトレーニングスペース「Personal Body Management」
提携パーソナルトレーナー兼管理栄養士の吉村俊亮です。

前回の記事では、PFC比が身体組成に影響するということを書きました。

今回も身体組成に影響してくる要素についてです。

 

栄養を効率よく利用するために重要な食事の摂取タイミング

栄養指導をするときにも、まず重視する部分でもある食事の摂取タイミング。

食事に関連するホルモンには日内リズムがあり、多く分泌されるときと少ないときがあります。
同じ回数でも摂取タイミングを日内リズムに合わせたほうが栄養成分を効率よく利用できます。

簡単に書くと、
朝食や昼食では日中の活動に必要なエネルギーを確保するために
炭水化物や脂質を多めに摂取します。

夕食になると、たんぱく質を中心とした食事にすることで、
睡眠中のホルモンの働きにより、身体作りが促進され体脂肪の蓄積を防ぐことができます。

 
ざっと書いていますが、
これをもっと細かい場面に分けてきちんとしたタイミングで摂取できれば身体は変わりますよ。

トレーナー視点でみたロンドンオリンピックvol.15「マラソンと食事」

福岡市南区のパーソナルトレーニングスペース「Personal Body Management」
提携パーソナルトレーナー兼管理栄養士の吉村俊亮です。

オリンピック最終日は男子マラソン。個人的な注目は藤原新選手でした。

さて、今回は長い長いマラソンをハイペースで走りきるための鍵となる
食事について書いていこうと思います。
ここでヒントになるのは藤原新選手のブログでたまに出てくる炭水化物です。

 
では、なぜ炭水化物なのでしょうか。

それは、食事に含まれる平均的な栄養素の組成と体組成の違い(重量比)からわかります。
私たちが食べる食事の三大栄養素の割合は炭水化物60%、たんぱく質20%、脂質15%程度です。
そして、私たちの身体は炭水化物5%、たんぱく質45%、脂質30%程度で構成されています。
この数値を見て言えることは、食事から60%も炭水化物を摂っているのに身体には5%しか残らず、
たんぱく質・脂質は食事からの摂取以上に身体に蓄えられていること。

つまり、炭水化物はエネルギーに変わりやすいということです。

ダイエットで考えたとしても、このような理由から炭水化物抜きダイエットは
誤った方法だということがわかりますね。
最初は良くても、後からだんだん増えていきますよ。

ちなみに、藤原新選手は試合の前日の夜にカステラを食べるそうです。
エネルギー源の補給ということですね。
プラスでこの行為にはまだ他のメリットがあります。

それは・・・・試合前のストレスの緩和です。
甘いものは副交感神経を優位にさせるセロトニンという物質を分泌させる効果があります。
これによりリラックスできるんですね。

少し脱線してしまいましたが・・・
炭水化物がエネルギー源になりやすいのは分かっていただけたかと思います。
長い長いマラソンを走りきるには、当然炭水化物によるエネルギーが必要です。
なので・・・藤原新選手のようなアスリートは試合前に食事のコントロールをします。
皆さんがご察しの通り、炭水化物(グリコーゲン)を体内に蓄えるためにです。
しかも、通常時よりも多く、新鮮なグリコーゲンを取り入れます。

この方法がグリコーゲンローディングという方法です。

ものすごく簡単に説明すると、
試合数日前から前日まで炭水化物の多い食事をするといった感じです。
この方法で体内にエネルギー源を蓄え、レース中にドリンクなどでさらにエネルギーを補給して
完走できるようになります。

マラソンは、コンディショニングも大切ですが、
それ以上に栄養面が大きくかかわってくる競技です。
レース前までにいかにエネルギー源を体内に蓄えることができたのかが、
レース結果で見て取れるかもしれませんね。

がんばれニッポン

 
記事:吉村 俊亮
Some rights reserved photo by Nordea Riga Marathon

ダイエットを始める前に知っておきたいこと vol.4セロトニン分泌

福岡市南区のパーソナルトレーニングスペース
Personal Body Management 提携パーソナルトレーナー 兼 管理栄養士の吉村俊亮です。
今回はセロトニンの分泌を増やすための習慣をご案内致します。
直接ダイエットに関係してくるところなので、頭の片隅にでも入れて頂けると嬉しいです。
セロトニンを増やすキーワードは、『運動』『食事』『香り』の3つです。

まずは、『運動』

実は、セロトニンは運動によっても分泌されます。
激しい運動ではなく、簡単にできるウォーキングやジョギング、家事などで十分です。
毎日、少しでもよいので実行してみてください。

2つめは『食事』

セロトニンは、必須アミノ酸の一つであるトリプトファンから合成されます。
なので、トリプトファンを含む食品を摂ると効果的です。
トリプトファンを多く含む食品は、乳製品や肉類などです。
ちなみに、ホットミルクを寝る前に飲むことで、セロトニンの分泌が促され深い眠りにつきやすくなりますよ!

そして、最後に『香り』

ラベンダーやマジョラムなどのリラックス効果に優れている香りは、セロトニンの分泌を促すと言われています。
アロマが好きな方は、お試しください。
前回でも書きましたが、一時しのぎでこのようなことをするのではなく、習慣にしていくことで、本当の意味でのダイエットの成功に繋がります。
これからダイエットをされる方は、安らぎ(セロトニン)をもって行っていきましょう。

それでも食べてしまうあなたへ・・・・

ダイエット中についつい食べてしまうということだってありますよね。 悔しいですが・・・
そんな時に、肥満防止に効果のある栄養素をうまく活用していくことで、体の変化をスムーズにしてくれます。 参考までにぜひ目を通して下さい。
ギムネマシルベスタエキス・・・糖や脂質の吸収を抑える働きがあり、桑の葉エキスと組み合わせると食後の血糖値の上昇を抑えてくれます。 ちなみにハーブです。
桑の葉エキス・・・糖質の分解・吸収を防ぎます。
クローブエキス・・・脂質の分解・吸収を防ぎます。 ちなみにこれもハーブです。
キトサン・・・腸内で脂質を包み込み排出します ギムネマと合わせることで油ものを多く食べた後の食後の中性脂肪の上昇を抑えてくれます。
インゲン豆エキス・・・でんぷんの分解を抑えることで、糖の吸収を抑え、食後の血糖血の上昇を抑えてくれます。
他にも、様々な栄養素がありますが、今回はこれぐらいにしておきます。
サプリメントを上手に活用して、効率の良いダイエットをしていきましょう。

all all all
トップへ戻る