フィットネスレポート

理屈を整理して発想を変えることでストレッチや運動が好きになる!?|トレーニング指導における考え方-vol.13-

toreshido_13
PHOTO:Jekkone
 
昔は身体が硬いからと、苦手意識を持っていたストレッチが
理屈を整理し発想を変えることで好きになってきたパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。
 

ストレッチと身体の関係性を考える

ご自宅で何か運動をというときに、
手軽に始めることができるのがストレッチングやストレッチではないでしょうか?
 
運動というと負荷をかけ、きついものというイメージをお持ちの方もあるかと思いますが、
本来運動は気持ちいいものであるべきです。
私は今フィトネスクラブでもトレーニング指導をしておりますが、
なにも立派なマシンがなければ運動ができないということはありません。
畳一畳、自分の身体があればOKです。
 

運動で一番初めに考えるのは姿勢と関節

運動で一番初めに考えるのが、負荷をかけることではなく、
姿勢を正しくすることと関節を動かすことになります。
スクワットでいきなりバーを担ぐのではなく、立位姿勢がキレイにとれ、
足首、膝、股関節がきれいに動くことが必要になります。
 
動きを阻害している原因のひとつに柔軟性の不足、関節の可動性の低下が考えられますが、
それらを改善する方法のひとつがストレッチング、ストレッチということになります。
 

目的にあったストレッチが効果をもたらす

ストレッチもポーズをとることで効果が得られるのではなく、
狙った目的にあった刺激を身体に与え、ねらったように反応が出ることが
「効果があった」というふうに考えます。
 
たとえば、仰向けになり足をパートナーに持ち上げてもらい押してもらえば、
硬い人ならもも裏がびんびんに伸ばされるのを感じることでしょう。
これを「ストレッチ感」「伸ばされている感じ」としますと、
これは効果があるといえるのでしょうか?
 
トレーナーもややもするとこのストレッチ感を求めたストレッチをおこなっている事がありますが、
これで本当に効果があるのか?を常に考えないといけません。
 
 
リラクゼーション狙いなら、緩んでくるという結果がほしいのです。
ストレッチ感がほしいのではない。
そんなことを考えながらやっていくと身体って不思議で楽しいんですよ。
そんなことを考え、身体の不思議を楽しんでいるパーソナルトレーナーによるストレッチなら
気持ちいいいだろ~な~。
 

グッズ紹介vol.3:バランス感覚と運動能力アップに繋がるアイテム「バランスボード」


これを使い、トレーニングを行うメリットは「関節の安定性」です。
 
不安定なバランスボードに繰り返し乗ってトレーニングし、
体がそれに対応出来るようになったときバランス感覚は格段に向上し、
より高度な運動能力の体得が可能となります。

  
毎日乗ってトレーニングすることで関節を柔らかく、筋肉を鍛えることで柔軟性の増進になります。
また、毎日繰り返しトレーニングすることにより、精神力=集中力も同時に養われ、体力、技術面でのアップと
集中力のアップの相乗効果で好成績を生む結果となります。
 

all all all
トップへ戻る