フィットネスレポート

朝一番のショットに差をつける!|ゴルフ特集 上級編 vol.2

こんにちは。関西で活動しておりますトレーナーの岡本雄作です。
今回は、ゴルフパフォーマンスを向上させるトレーニングと秘訣を
「初級」「中級」「上級」にわけてご紹介しています。
 
上級編の今回は「今ある能力をさらに向上させる」というテーマでお伝えします。
 
「朝一のショットは体が動かないから仕方ない」とあきらめている方はいませんか??
確かに体が動きにくく、いつも通りのショットができないことが多いですが、
そんなあなたに2分で朝一からいつも通りのショットが出来る
複合的なストレッチをご紹介いたします。
  

朝一からいつも通りのショットが打てるストレッチ

【1】立った状態から1歩大きく前に踏み込みます。
踏み込んだ足と同側の肘を内くるぶしに近づけ、お尻を伸ばします。

 
【2】その手を上に向かって持ち上げ上半身を捻じります。

 
【3】両手をついて、膝を伸ばします。

 
【4】膝をついて上体を起こし、前に体重をかけて足のつけ根を伸ばします。

 
【1】〜【4】はすべて5秒ずつキープし、各3回交互に繰り返します。
ぜひ、ティグランドの隅っこで行ってから、ティショットに臨んでください。
 

上半身の可動域を広げて、パフォーマンスアップを目指す|ゴルフ特集 上級編 vol.1

こんにちは。関西で活動しておりますトレーナーの岡本雄作です。
 
ゴルフのパフォーマンスを向上させるべく、「初級」「中級」のエクササイズをご紹介させていただきました。
今回からは「上級」として、「今ある能力をさらに向上させる」というテーマでお伝えします。
 
望ましいのは、段階的にトレーニングレベルを上げていき、体への刺激に変化を与えていくことです。
よって、初級→中級→上級と段階を踏んでいただくことをお願いします。
この「上級」のコンセプトは「今ある能力をさらに向上させる」ということです。
まずは、上半身の動きを大きく動かしていきます。
 

上半身を大きく動かすためのエクササイズ


壁に向かって左手をつき胸を張ります。
そのまま、膝を曲げすぎずに胸を起こしながら股関節を曲げていきます。
この状態で5秒キープ。その後少し緩めて10回繰り返し、右も行います。

※肩の痛み、違和感がある場合は無理をして行わないようにしてください。
 

次に、片膝をついて足を前後に開きます。
・このまま、膝をついている方の腕を上げ伸ばして3秒。
・後ろのかかとを触りに行くように捻じって3秒。
これらを交互に10回繰り返します。

 
下半身は土台として固定するイメージで行ってください。
 

all all all
トップへ戻る