フィットネスレポート

筋力アップが血液量のアップにも繋がる!?|ダイエットの挫折を乗り切る方法-vol.5-

takano_05

皆さん、こんにちは
女性の美しい魅力を引き出すパーソナルトレーナーの高野麻衣子です。
 
昨晩は勉強会に参加してきました。
テーマは「疾病と運動 ~血液と免疫~」です。
今回も内容の濃い2時間だったので、少しずつアウトプットしていきますが、
今日は「血液が作られる骨」をご紹介しようと思います。
 

血液をつくる骨とは?

血液が作られる場所は、皆さんご存知の通り「骨髄」ですが、
血液が作られる骨というのは限られています。
頭蓋骨、肋骨、胸骨、大腿骨、骨盤、上腕骨がそれにあたる骨です。
体中の骨で作られているわけではないんですね。
 

年齢と血液生成

70歳を超えると、最終的には大腿骨と上腕骨でしか血液が作られなくなってくるそうです。
これには細胞の老化等が関係しているとか。
なので、高齢者に大腿骨、上腕骨付近の筋トレを行うことは、
ただ単に筋力upを狙うというだけではなくて、
血液量もupする効果が見込めるということになります。
 

血液は流れ方にも注目

ただ、血液は量も確かに大切ですが、
必要なところに必要なだけ流れてこそ意味があります。
そのためにも、血管コンダクタンス(血液の流れやすさ)をアップさせることが
重要だということでした。
いかに血管コンダクタンスをアップさせていくかは、次の記事で書きますね。
 

筋トレをするとハゲる!?筋トレによる男性ホルモンへの影響|効率的で効果的なトレーニングを考えるvol.3

003_okada

筋トレと男性ホルモンの関係性

「筋トレを定期的に行っているとハゲるらしい」と、
毎週見ている深夜の情報番組で言われていました。
筋トレをすることにより男性ホルモンの分泌が促進されるからだそうです。
(真偽のほどは不明です。)
男性ホルモンが分泌されることにより、筋肉が太くなりやすいそうですが、、
おでこから上の毛は薄くなってしまうそうです。
(ちなみにおでこより下の毛は濃くなるらしいです・・・)
 

女性への筋トレの影響

「筋トレでムキムキになりたくない」とおっしゃる女性がウチのジムでも多いのですが、
上半身においては男性よりムキムキな女性はアスリートでも見かけないように、
女性は男性ホルモンの影響をあまり受けないらしいです。

ただ下半身には性別差がないらしいです。
(スピードスケートの選手なんかた逞しい太ももしてますしね。)
 
ムキムキにはなりにくいにしても女性らしい体型はキープしたい方は多いと思います。
バランス良く運動することで自然に女性らしい体型も強調できますので、
ぜひ体作りに筋トレを入れていきましょう。
 
私もこれから筋トレです。
 

若々しさを保つためは筋トレが不可欠|トレーナー・岡田 康志による身体と健康を考えるコラム-vol.12-

colum_12

スポーツのパフォーマンスアップはやはり筋肉を鍛えて、
筋肉を成長させていくことが必要不可欠です。
姿勢改善、脂肪燃焼、体質改善、老化防止などでも筋肉を鍛えることが欠かせません。
 

30代になると見た目や体力が衰えやすい理由

20歳以降筋肉量が年々減少していき、30代になると見た目の変化や体力の衰えが見えてきます。
大きな理由としては、学生時代は部活や体育などで体を動かす機会が多かったのに、
大人になると体を動かすことがめっきり少なくなりがちだからです。
会社への通勤も車や電車だったり、会社でもエレベーターを使ったり、
生活が便利になり活動量も少なくなります。
活動量が減ることで筋肉への刺激も少なくなり、筋肉が衰えてしまうのです。
特に足腰は衰えが顕著です。太もも、お尻など大きな筋肉が集まるので、
下半身は筋肉への刺激が少ないとどんどん痩せ細ってしまいます。
 
健康で若々しい体を維持する上で筋肉の減少は致命的ですね。
意識的に身体活動量を増やし、筋トレに取り組んでいくことが必要不可欠です。
 
私も30代ですが、まだまだ衰えと無縁でありたいと思います。
今日も下半身の筋トレでしっかり刺激を与えて、しっかりとした足腰を作っていきます。
 

リバウンド撃退!ダイエット・ボディメイク目的別レシピvol.2「ダイエットの基本!効果を出すための3つの柱」

皆さん、こんにちは^^
ダイエット・ボディメイク専門パーソナルトレーナーの高野麻衣子です。

今日はダイエットを成功させるために大切な3つの柱をご紹介します。
ダイエット成功の秘訣はとってもシンプル。

一日のエネルギー消費は、大きく分けて
・基礎代謝量(約60~70%)
・食事誘発性熱産生(約10%)
・身体活動量(約20~30%)

の3つに分類されます。

これらのエネルギー消費量よりも摂取量が上回れば、
もちろん体脂肪は増え、体重もどんどん増加しますね。
つまり、痩せるためには、消費カロリー>摂取カロリーになればOKです。

効率よく消費カロリー>摂取カロリーにするためには、
「食事コントロール、有酸素運動、筋トレ」の3つをバランスよく行うことが必要です。

過度な食事制限をするだけでは、筋肉量が次第に落ち、
途中で痩せにくくなったり、結果リバウンドしやすい体になってしまいます。
逆に激しい運動をしていても、好きなものを好きなだけ食べていては一向に痩せません。

体脂肪の増加を防ぐ「食事コントロール」
筋肉量を維持し、基礎代謝を高めるための「筋トレ」
脂肪燃焼に効果的な「有酸素運動」

この3つをバランスよく取り入れることで、健康的なダイエットができます。
ご自分の性格や目的、体の状態を考慮して、続けられる食事、運動を選んで実践しましょう!

「継続は力なり」です^^

Some rights reserved photo by Steve Crane

トレーナー視点でみたロンドンオリンピックvol.8「必要な筋力を効果的に高める」

筋トレには指導者のアイデアが求められますね。
内村選手が個人総合で28年ぶりに金メダルに輝きましたね。
本当に素晴らしいことですね。

男子の体操を見ていると皆素晴らしい身体をしていますね。
最近では筋トレを取り入れている競技が増えていますが、
体操の場合は練習の様子を放送している番組を見たところ
特別に筋トレをしているわけではないようです。
内村選手も前回の北京オリンピックと比べて全身の筋肉が大きくなっています。
しかし技のキレは素晴らしいですし、他の選手ができないような難易度の高い技もできています。
ということは練習そのものが筋トレになっているということです。

下肢の筋肉を増やすためにスクワットをするという方法もあるとは思いますが、
練習の内容を考えていけば動きの練習、スキルの練習をしながら
競技に必要な筋力を高めることができるということです。
ジャンプして着地するだけで体重の何倍のストレスがかかるわけですから、
わざわざ重たいバーベルを担いで何かエクササイズをしなくても良いというわけです。

大切なことは『目的があって方法がある』ということです。
筋トレだからダンベルやバーベルを使って何かをすると考えるのではなく、
筋トレをどのようにして行うのかという方法を考えることです。
競技のトレーニングで考えてみるとどういった動作で発揮する力が必要なのか
といったところがとても重要です。
そうなるとその競技はどのような動き、どのようなスピード、どのようなパワーが必要なのか
ということをしっかり理解しておかなければなりません。
ただベンチプレス、スクワットといった方法だけを選手に押し付けても
思ったような結果に結びつかないことがたくさんあります。

トレーニング指導を仕事にしていますが、これほど複雑で難しいものはないと思います。
今ではたくさんのエクササイズを紹介した本がありますが、
1人1人の目的に合ったエクササイズを紹介しようと思うと
とんでもないページ数になってしまうでしょうし、おそらく紹介しきれないでしょう。
そこは指導する側のアイデアが求められるのところでしょうね。

記事:岡田 康志
Some rights reserved photo by Greatist

all all all
トップへ戻る