フィットネスレポート

酵素は健康に美容にも効果的!

2
 
大阪・北浜パーソナルトレーニングスタジオ加圧トレーナーの窪田です。
  
ここ最近よく目にするのが、「酵素ドリンク」。
正しく理解し、味方にすれば健康にも美容にもかなり効果的です。
でも、誤った理解が多いように思えます。
  

必要な酵素を自分の体内で作るには?

少し簡単に説明してみます。
成分は、タンパク質。
ということはアミノ酸ということですね。
この辺はコラーゲンも同じなんですが、最小単位に分けていくとアミノ酸ということです。
人は最小単位でしか、吸収できないので結局はアミノ酸にまで分解して吸収する。
ということは、食品に含まれる酵素がそのまま体内に吸収されて酵素として使われる…
というと、これは違うんですね。
 
身体ってうまく出来ていて、他の生物由来のものは、そのまま使えないんです。
なので、酵素を吸収しようというより、
酵素となる材料をしっかりと吸収して”自分の体内で必要な酵素が作れるようにする”ことが大事!
 

酵素の材料

材料はタンパク質、ミネラル。
これは熱さない方が摂りやすいかもしれない。
酵素を摂るために、というより材料を摂りやすいためにという感じです。
そのためのローフード(Law food)というのもありますね。
あと酵素が適切に働くためには、補酵素となるビタミンも必要。
なので、タンパク質・ビタミン・ミネラルを毎日しっかりと摂れていれば、酵素は自分で作れます。
そちらを目指すのが、一番の健康・美容につながります。
 

酵素の無駄使いを防ぐポイント

もうひとつ大事なポイントは、”酵素の無駄使いを防ぐこと!”
・睡眠不足
・過度の飲酒
・喫煙
・過食
・電磁波
・化学物質の過剰摂取(薬や食品添加物など)
・精神的ストレス
これらが酵素を減少させると言われています。
ここまで考えていくと結局、食事とライフスタイルですね。
 
○○を飲めば、大丈夫なんて簡単なものはほとんどないですね。
なので、サプリメント選びも「○○を摂ってれば、痩せる・キレイになる」というより、
・必要な栄養(タンパク質、ビタミンミネラル)を摂れているかどうか。
・自然由来の有機原料でつくられているかどうか

がポイントです!
 

日本食で最良のたんぱく質を手に入れる|35歳からちょっと本気の肉体改造 -ダイエットシリーズ vol.4-

健康診断受けてきました。
身長166cm体重70kg・・・このデータだけ見れば
BMI25以上の立派な肥満カテゴリーに入ってしまいます。
が、しかし、ウェストは増量期ですが70cmもありません。
体脂肪も10%すこし切っています。市民検診レベルでいったら完全な規格外ですね(笑)
 
筋肉が多くなっても体重は増えますし、逆に体重が増えていなくても筋肉が減り、
脂肪が増えてしまっている場合もあります。
脂肪が増えている場合は間違いなくウェストサイズも増えますので、
ウェストサイズと体重くらいは検診の有無にかかわらず
ご自分でチェックする習慣をつけてください!
 

筋肉の材料だけじゃない”たんぱく質”

フィットネスクラブに行けば必ずショップで売っている「プロテイン」。
これ、日本語訳にしたら「たんぱく質」です。
ダイエットの話でも、筋肉をつけたい人にも「プロテイン」「たんぱく質」という
キーワードはよく語られます。
たんぱく質は主に3つの働きがあます。


1:機能的役割として、アミラーゼなどの消化酵素として、リポタンパクなどの輸送体として、
 インターフェロンなどの免疫系として存在します。
2:構造的な役割として、アクチン、ミオシンという筋収縮たんぱく質として、筋肉や骨、
 爪、髪の毛などのコラーゲンやエラスチン、ケラチンなどとして身体の材料として存在します。
3:貯蔵の役割として、たんぱく質や鉄を貯蔵します(フェリチン)

 
と、まあとにかく大切なものであることは間違いないのです。
単に筋肉を増やすための材料ではないのです。
 

たんぱく質からアミノ酸へ

たんぱく質として身体に入ったものはいったんばらばらになりアミノ酸になります。
コラーゲンで摂っても身体に入ればいったんはバラバラにアミノ酸に分解されます。
アミノ酸は20種類あり、この20種類の組み合わせで、上記の役割のものを作り上げているわけです。
ですから不足すれば筋肉は弱るでしょうし、髪の毛のつやは失われるでしょう。
コラーゲンも作れないので肌の張りも失われるかな?
 
その20のアミノ酸のうち、8種は身体の中で作り出せないので
毎日最低限は食事からとる必要があるんですね。
この8種のアミノ酸を「必須アミノ酸」と言います。
その必須アミノ酸はを多く含むのがお肉や、魚、乳製品なので、
これらをしっかり食べましょうという理屈になるのです。
肉や魚、乳製品は確かに良質なたんぱく質ですが同時に「脂質」も多く含む場合があり
特に減量中にはどの部位や種類を選ぶかは少し気を使う必要がありそうです。
 

アミノ酸のバランスに優れた日本食

一方、日本人になじみの深い「大豆製品」ですが、
これらはアミノ酸の配分から肉や魚にはすこし劣るようです。
要するに必須アミノ酸で足らない奴があるということです。
でもご心配なく、お米のたんぱく質と大豆のたんぱく質を組み合わせると、
あら不思議「アミノ酸」のバランスがすこぶる良いのです。
 
ご飯、味噌汁、納豆が私の朝食のテッパンでもあるのですが、
それには上記のような理由があったからなのですね。
肉や魚ばかりを無理に食べなくても、ご飯とみそ汁という、
日本人が昔から食べていたものをいただけば万事OKということも言えます。
 

all all all
トップへ戻る