フィットネスレポート

ラウンド後の疲労に効くセルフケア|ゴルフ特集 番外編 vol.3

こんにちは。関西で活動しておりますトレーナーの岡本雄作です。
前回まで、「初級」「中級」「上級」とステップアップ式のエクササイズをご紹介させていただきました。
今回は、ゴルフを何歳になっても、気持ちよく行っていただくための、
簡単なセルフケアの方法を「番外編」ということでご紹介させていただきます。
 
プロの選手に多い手首の痛み。
日常動作でもよく使うため、そして、小さな骨、関節、それを繋ぐ靭帯が
複雑に入り組んでるため、痛めてしまうとなかなか治りません。
痛めるとスイングができないというストレスにも襲われます。
 
そこで今回は、手首のケアを紹介します。
 

手首ケア

 

まずは、手をパーに開き強く反らせます。
 

次に、グーにして強く下にむけます。
 
パーを10秒、グーを10秒、交互に10回行います。
ケアでもありますし、ウォームアップとして行っていただいても有効です。
 
 
以上で、ゴルフ特集を終わらせていただきます。
最後までおつきあいいただきましてありがとうございました。

avatar

岡本 雄作

整形外科にて1ヶ月に約800名の患者様のトレーニングに携わり、安全で効果的なエクササイズの提供とフィットネスクラブにて約70本/月のセッションを実施。 個人指導は合わせて120本/月 実施。 フィットネスクラブのクライアントには、ダンス競技者、競技エアロビクス選手、何歳からでも飛距離が伸びるゴルフ愛好家、痛み改善希望者、ダイエット希望者など。

関連記事

all all all
トップへ戻る