フィットネスレポート

ラウンド後の疲労に効くセルフケア|ゴルフ特集 番外編 vol.2

こんにちは。関西で活動しておりますトレーナーの岡本雄作です。
前回まで、「初級」「中級」「上級」とステップアップ式のエクササイズをご紹介させていただきました。
今回は、ゴルフを何歳になっても、気持ちよく行っていただくための、
簡単なセルフケアの方法を「番外編」ということでご紹介させていただきます。
 
ゴルフをしていて
・腰の痛みにお悩みの方
・ラウンド後は足がつっぱる

という方は、ぜひ行うようにしてください。
 
上記の2項目に当てはまらない方もやっていただくことで大いに怪我の予防になります。
 

フォームローラー(ストレッチポール)


今回は、「フォームローラー」という棒を使ってのセルフケアです。
フィットネスクラブやスポーツショップでは「ストレッチポール」という名称でおいてあります。
 

太ももの外側を緩める


最初にご紹介するのは、太ももの外側を緩める方法です。
太ももの外側は股関節の動きに対して、補助的に働いてくれます。
ただし、働きすぎることですぐに疲労したり、硬くなることで腰への影響が出てしまいます。
おそらく、やり始めは非常に痛いと思いますが、実施後は足が軽くなるのを実感しやすい方法です。
左右とも60秒を目安に、太ももの外側をコロコロ(この写真の場合は左右に移動)してください。
 

胸のストレッチ


次は、胸のストレッチです。
ゴルフでの打つ姿勢は胸が閉じた状態での運動です。
ラウンド後は、目には見えない姿勢の崩れがあります。
ですので、ポールの上に仰向けで寝て。両ひざを曲げましょう。
そして、腕を横に広げて胸のストレッチ。
さらに、バンザイをして背中のストレッチ。

ゆっくり大きく10回行いましょう。

avatar

ソーシャルフィットネス Socialfitness

ソーシャルフィットネスとは、ソーシャルメディアを活用してフィットネスをもっと楽しむための総合サイトです。様々なインストラクターやトレーナーとのコミュニケーションやイベント情報をはじめ、プロによるフィットネスや健康に関しての様々な情報を発信していきます。

関連記事

all all all
トップへ戻る