フィットネスレポート

安定度の高さを実感できる体幹トレーニング|ゴルフ特集 上級編 vol.3

こんにちは。関西で活動しておりますトレーナーの岡本雄作です。
今回は、ゴルフパフォーマンスを向上させるトレーニングと秘訣を
「初級」「中級」「上級」にわけてご紹介しています。
 
上級編の今回は「今ある能力をさらに向上させる」というテーマでお伝えします。
 

体幹を安定させるトレーニング

上級のトレーニングになると、肩甲骨だけ、股関節だけというよりは
体幹を安定させた状態で肩甲帯の強化をしたり、
股関節の柔軟性を獲得しつつ力発揮させたりと、複雑な動作となってきます。
そこで、今回は2種目ご紹介いたします。
 

肩甲骨を開く


肘とつま先で体を一直線に支えキープします。
この状態で、一度体を床へ沈めます。肩甲骨は内側へ閉じます。
そこから、肩甲骨を外へ開くように力を入れます。
この際、背中は丸くならずに胸を張ったまま行うようにしてください。
 

股関節を動かす


直立の状態から、片方の足を後ろに引き、
頭からかかとまでを床に対して平行になるまで体を倒し、
股関節を主に動かし、片足でバランスを取ります。
この際、支持している側のお尻に力が入り、もも裏が伸びるように保ってください。
股関節には体を支えるために強力な負荷が加わり、
体幹部には捻じれるということに対して抵抗しながらトレーニングをします。
 

avatar

岡本 雄作

整形外科にて1ヶ月に約800名の患者様のトレーニングに携わり、安全で効果的なエクササイズの提供とフィットネスクラブにて約70本/月のセッションを実施。 個人指導は合わせて120本/月 実施。 フィットネスクラブのクライアントには、ダンス競技者、競技エアロビクス選手、何歳からでも飛距離が伸びるゴルフ愛好家、痛み改善希望者、ダイエット希望者など。

関連記事

all all all
トップへ戻る