フィットネスレポート

見た目の印象が変わる!正しい姿勢を手に入れよう!vol.1「正しい姿勢を知って、理想のボディラインを手に入れよう!」

皆さん、こんにちは^^
女性の美脚・美背中づくり専門パーソナルトレーナーの高野麻衣子です。

今日から数回にわたり、「姿勢」についてお話していきたいと思います。

早速ですが、皆さんはご自分の姿勢が気になりますか?
また、今のご自分の姿勢がどうなっているか、確認したことはありますか?
今の時代、パソコンでお仕事をする方が増え、全体的に体を動かす機会も減っているので、
姿勢が悪くなっている方とても多いです。
現代人の「姿勢を支える筋肉」は、どんどん老化してきているのが現状なんですね。

姿勢が悪くなると、もちろん見た目の印象は変わります。
後ろ姿が5歳以上老けて見える…なんていうのも、悪い姿勢が原因であることが多いです。
この他にも、姿勢を支える筋肉の力が低下すると、体に様々な変化が起こってきます。

代表的な例はコチラ
  • ・痛みの発症(肩こり、腰痛、膝痛など)
  • ・代謝がダウンする
  • ・ボディラインが崩れる
  • ・むくみ、冷え症

 
姿勢が悪くなると、関節の動きが制限されたり、一定の方向に頻繁に運動が起こるので、
肩こりや腰痛などの痛みを発症しやすくなります。
また、関節の動きが悪くなることで、血流・リンパの流れも悪くなり、結果的に代謝もダウン。
それによってむくみや冷え症がひどくなったり、次第に、ボディラインが崩れてきてしまいます。
下腹ぽっこりや首のしわ、ヒップが垂れる、太ももが痩せないというのも、
この姿勢が原因ということがあるんですね。
つまり、姿勢が悪くなるというのは、美容にも健康にも悪いということです。

そこで、今回は正しい姿勢のポイントをご紹介します。
こちらを参考に、ご自身の今の姿勢がどうなっているか?をぜひチェックしてみてください^^
 
 

正しい姿勢のポイント

上半身の姿勢チェックポイント

まずは「上半身の姿勢チェックポイント」です。

前から見たとき(左図)

  • ・眉間
  • ・鼻の下のくぼみ
  • ・鎖骨と鎖骨の間のくぼみの下にある骨(胸骨柄)
  • ・一番下の肋骨が合わさる中心(剣状突起)
  • ・おへそ

 
この5つが大きな目印で、縦に一直線になっていればOKです。
この時、耳の高さや肩の高さは床と平行になります。
 

横から見たとき(右図)

  • ・耳の穴
  • ・肩峰

 
の2つのポイントが縦に一直線です。

 

下半身の姿勢チェックポイント

続いて、「下半身の姿勢チェックポイント」です。
 
正面から見たとき

  • ・恥骨
  • ・膝と膝の間
  • ・足と足の間

 
この3つが大きな目印で、縦に一直線になっていればOKです。
この時、腰骨の高さは床と平行になります。
 

横から見たとき

  • ・大転子(腰骨のさらに下にある出っ張った骨)
  • ・膝の中心少し前
  • ・外くるぶし少し前

 
この3つのポイントが縦に一直線。
この時、骨盤も前後に倒れていないのが理想です。
 
 
 
この良い姿勢を「ニュートラルポジション」と呼びます。
ニュートラルポジションというのは、筋力を余計に使うことなく、
骨格で効率的に身体を支えることができる姿勢です。
姿勢改善をしたい方は、このニュートラルポジションを目標にして、エクササイズを行ったり、
日々の姿勢を意識してみてくださいね^^

avatar

高野 麻衣子

ボディメイク(美脚・美背中・姿勢改善)やダイエットを目的とした女性を対象にマンツーマンセッションを担当。 美脚エクササイズやウォーキングイベントを各地で開催する他、運動指導者向けセミナー講師としても活動中。

関連記事

all all all
トップへ戻る