フィットネスレポート

ランナーが知っておくべきカラダの仕組み100 No.2 〜ケア編〜「足裏のセルフケア①」

2012.07.03 カテゴリ:セルフケア, ランニング

大阪北浜、加圧パーソナルトレーニングスタジオRoom’S、パーソナルトレーナーの窪田侑記です。

ランニングの指導やランナーの身体のケア・トレーニングをお伝えしていますが、
走るのが楽しくなってきて、距離や頻度が多くなってくると、
自然に回復を待っていても追いつかないですし、疲れがたまってきます。
ここでは簡単にできるセルフケアの方法をお伝えします。
 

足裏のケア

今回は、足裏のケア方法です。
走っているとスネの際やふくらはぎに痛みや疲労感を感じる方は多いと思います。
足裏のケアは、膝の痛みにも有効な場合もあります。

長い距離を走ることで疲れが出てくることもあるのですが、
日頃の蓄積によるものも大きいので、普段からケアを習慣つけてもらうと故障もしにくくなります。
またコンディションも上がるので、タイムやスピード、距離などの向上にもつながります。

使うものは、ゴルフボールです。

ゴルフボールを
・足裏の踵の少し前の部分
・足裏の内側の土踏まずの部分

などにあて、コロコロと転がすように足を動かします。

立ってやってもらってもいいですし、イスなどに座りながらやってもらってもいいです。
ゴルフボールが変なところに転がっていかないように、少しだけ注意が必要かもしれません。

アーチ(土踏まず)が低下してる人ほど、コリ感が強いかもしれません。
痛く感じるところもあると思いますが、そこをしばらく続けていると楽になり、
足が軽くなる感じがするんじゃないでしょうか?

簡単なので、ぜひ続けてみて下さい。

avatar

窪田 侑記

大阪北浜、パーソナルトレーニングスタジオRoom’S パーソナルトレーナーの窪田侑記。ボディメイク・姿勢改善・シェイプアップを目的とした トレーニングやランニングの指導をメインに活動

関連記事

all all all
トップへ戻る