フィットネスレポート

6大栄養素「タンパク質」の摂り方|ランナーが知っておくべきカラダの仕組み 8/100

2012.12.27 カテゴリ:ランニング, 食事

大阪心斎橋、加圧パーソナルトレーニングスタジオRoom’S、パーソナルトレーナーの窪田侑記です。
前回からランナーにとっての食事・栄養に関して書いてます。
今回は糖質に引き続き、タンパク質についてお伝えしていきます。
 
 

タンパク質

身体は水分が60%、脂肪が15〜20%、タンパク質が15〜20%で構成されてます。
タンパク質はそれくらい身体に欠かせない大事な栄養素です。
タンパク質は分解されるとアミノ酸やペプチドという形になります。
その形でないと吸収できないので、身体に取り入れる際は重要なポイントとなってきます。
なので、アミノ酸のドリンクを摂られている方も多いかもしれません。
 
身体に吸収されたタンパク質,アミノ酸は、脳の神経伝達物質や酵素として使われ、
その後身体の再生に使われていきます。
身体の再生も中から末端へという重要度の高い順番で使われるので、
ランニングのパフォーマンスにも関わる筋肉への優先順位は結構後回しになります。
タンパク質はもともと食事でも意識していないと不足しがちな栄養素です。
タンパク質が不足すると、どうなってしまうのでしょうか?
 

タンパク質の働き

ランニング中であれば、エネルギーが不足してくると筋肉が分解されて使われます。
その際にタンパク質が足りていないと筋肉が使われる一方なので、パフォーマンスが落ちてしまいます。
また身体の中に水分を蓄えてくれるのも、アミノ酸の仕事のひとつなので、
水分が蓄えにくくなるとパフォーマンスが落ちてしまいます。
それで足がつりやすくなってしまったりすることもあるので注意が必要です。
水分だけでなくてアミノ酸も取るのが大事です。
 
ランニング後も疲れを取るためにタンパク質は重要になります。
運動直後は脳や内蔵も疲れているので,まずそこに使われます。
そこから筋肉の回復などに使われるので、もちろん足りていないと筋肉痛が続いたり、回復が遅れます。
免疫も下がってしまうので、風邪を引きやすい方は不足している可能性が高いので、特に注意が必要です。
またランニングは有酸素運動なので、身体は酸化していきますので、錆びていきます。
老化の原因とも言われてますが、それを防ぐためにも抗酸化物質としての働きもある、
アミノ酸がオススメです。
 
その他にも、お肌や髪の毛,爪の構成物質もタンパク質です。
運動でいつもより使われているのに、多めに摂取して満たしておかないと、
しみやしわ、髪の毛や爪の質が衰えてしまいます。
そのような末端の代謝は優先順位的にも下がってしまうので、逆に爪が強くなり,
肌や髪の毛の質も上がっていると、タンパク質が足りているという指標になると思います。
身体の回復だけでなく、美容にも大きく左右するのがタンパク質ですね。
コラーゲンや最近話題の酵素も、アミノ酸からできています。
 

吸収量と摂取量の関係

これほど大事なアミノ酸ですが、一回に吸収できる量は10g以下です。
ですので一度に大量に摂るのではなく、こまめに摂るのも重要なポイント。
また食事だけではまかなえないため、プロテインもオススメです。
1ヶ月ほどしっかり摂ると、爪は割れにくくなってくると思います。
 
タンパク質は1日最低でも、体重が50kgの人で50gも必要になります。
「体重g」という計算です。
これに運動するともう少し多く摂る必要があります。
もちろん個人差があるので、体調に合わせて徐々に増やしてくのがコツです。
 

摂取の仕方

どんなものに含まれているかというと、
肉、卵、魚、大豆、玄米
などです。
動物性と植物性のバランスや、肉と魚のバランスも取れていた方がいいので、
偏らないようにするのもポイントです。
 
タンパク質は必要量を超えるものや消化・吸収しきれないものは排出するので、
プロテインも含め、太りすぎることはないです。
ただ糖分や牛乳など,他のものを混ぜたプロテインなどは注意してください。
 
ランナーにとってはパフォーマンスに大きく関わってくるタンパク質。
しっかり摂ってみて下さい。
特にカーボローディングに意識が行き過ぎると、不足しがちになるので注意して下さい。
 

avatar

窪田 侑記

大阪北浜、パーソナルトレーニングスタジオRoom’S パーソナルトレーナーの窪田侑記。ボディメイク・姿勢改善・シェイプアップを目的とした トレーニングやランニングの指導をメインに活動

関連記事

all all all
トップへ戻る