フィットネスレポート

姿勢と感情のつながり

2012.06.20 カテゴリ:ピラティス, 効果について

姿勢と感情は、お互いに影響し合っています。
とても極端な例ですが、スキップしながら悲しい気持ちにはなれません。
またうつむきながら、楽しい気分にもなれないものです。
姿勢と感情のつながりについて、もう少し一緒に考えてみましょう。

 

胸郭は感情のエリア

胸(胸郭)は感情のエリアだといわれています。
そこに何らかの感情が留まっているために、
うまく息が「吸えない」「吐けない」ということがあります。
この辺はそれなりの経験と技量のあるトレーナーでないと、関われない繊細な部分です。
なかなか自分自身であれこれ考えてみてもわかりませんし、
逆に意識し過ぎるのも混乱の素。
ここでは自分で判断せずに、そういう関係性があるのかもしれないなぐらいに
理解しておいてください。

 

仕事のできるキャリアウーマンの姿勢

例外はありますが、一般的なイメージとして想像してみてください。
高いヒールをカツカツ音を立てて颯爽と歩く、キャリアウーマン。
少し気がキツくて、でも仕事ができる…。
なんとなくなくイメージできたでしょうか。
あなたの周りにそんな人はいませんか?

彼女は、おそらく高いヒールを履いているはずです。
そして、胸を前に突き出した様な姿勢で日々過ごしています。
胸の前面での呼吸が中心で、あまり深い呼吸はできていないかもしれません。
胸が前に突き出て反り腰気味になっているので、腰痛を抱えている可能性が高くなります。

…というふうに、典型的なキャリアウーマン像の女性を想像してみました。
想像の中にいるだけなのに、「らしい」姿勢をしています。
勿論、これは極端なステレオタイプの話で、この限りではありません。
それでも、そういう傾向があるだろうという点では皆さん、
同意いただけるのではないでしょうか。

 

リストラされそうな元気のない中年サラリーマンの姿勢

同様に、今にもリストラを宣告されてしまいそうな
仕事のデキない中年サラリーマンを想像してみましょう。
おそらく、猫背で真っ直ぐ立ってもうつむき加減。
おそらく上司から言われたことに首を横に振ることができません。
彼はいつも自信なさそうに頷いて、「ハイハイ」とうなづくことしか出来ないはずです。

これは面白い話ですが、「首が回らない」という言葉があります。
これは「お金のやりくりができない」という意味で、
想像した仕事ができない中年サラリーマンにピッタリの言葉です。
仕事ができない中年サラリーマンの彼は、
首を横に振るという動作すらできない姿勢を無意識にとっているのです。

首を横に振る姿勢がとれないから、どんな理不尽な要求にもうなづいてしまう。
不思議な話ですが、実際ピラティスを続けることで姿勢が改善し、
デキるビジネスマンになったという人がいます。
それはいつもうつむき加減だった状態から、姿勢が良くなり、
首を縦に振るばかりではなく、横にも振れるようになったという訳です。

いつも猫背だと先ほどの反り腰の女性よりも、より浅くしか呼吸はできません。
実際に猫背の姿勢を作って、深呼吸をしてみてください。
おそらく、頑張っても深呼吸自体ができないはずです。
肺の下部に残飯のように古い空気が残ったままで、
浅い呼吸を続ける仕事のデキない中年サラリーマンの彼。
想像上の彼ですが、なんとも「トホホ」な感じがしますね。

 
 
メンタル面の問題をメンタルに直接アプローチしても、
なかなかうまくいかない場合があります。
姿勢(身体)と感情(心)がつながっていることの理解ができると、
この辺は多面的なアプローチをする必要があることに気づきます。

まずは姿勢を良く…とはいっても、そんな簡単に良い姿勢は手に入りません。
良い姿勢を作ろうとして「背筋を伸ばして〜」と思っても、
ほとんどの人は反り腰になっているだけです。
実際に、姿勢を良くするというのは、とても時間がかかるものだと思ってください。
重力のある世界で私達は生きていて、
ボウリング一個分もの重量がある頭を支えて生活しています。
背骨はもちろん、足の状態も姿勢には大きな影響があります。
とてもとても長い過程を経て、徐々に徐々に姿勢は良くなっていきます。
「簡単」「お手軽」といった情報に惑わされないようにしてください。
きちんと地に足着いた努力を続けるには、嫌々ではなく、
楽しんで続けられるものがお勧めです。
登山は疲れますし、時間もかかりますが、
ヘリコプターでいきなり頂上では楽しくありません。
景色を眺めたり、頂上に着くまでのプロセスを楽しむのが登山です。
そんな気分で、美しい姿勢を時間をかけて手に入れましょう。

avatar

葉坂 多壱貴

ネバダ州立大学公認ピラティス指導者、全米エクササイズ&トレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー

関連記事

all all all
トップへ戻る