フィットネスレポート

体の痛みを緩和するストレッチNo.3「骨盤を起こし、良い姿勢を保つエクササイズ」

2012.07.07 カテゴリ:カラダ改善, ストレッチ, 姿勢改善, 美骨盤

こんにちは。
体を痛みから解放する専門トレーナー岡本雄作です。

前回はバランスボールによる簡単エクササイズをご紹介しました。
動きは同じですが、今回は椅子で行うバージョンです。
多少エクササイズの意味合いは変わってきますが、痛みがなければ行ってください。

【対象者】
○同じ姿勢で過ごす時間が長い方
○運動習慣がない方

※腰痛などでしびれがある方はご遠慮ください。
 

骨盤を起こし、良い姿勢を保つエクササイズ

椅子は座る部分が柔らかすぎない椅子で、
座った時に脚の付け根が曲がりすぎない椅子をお選びください。

まずは、椅子に上半身をまっすぐにした状態で座ります。

横から見たイメージは、耳のやや後ろと骨盤の真ん中が一直線上にある状態です。

まっすぐ座れたら、腰に手を当て骨盤を後ろに倒します。

そこから骨盤を起こし、やや体を反らす位置まで動かします。

これらの反復を、ゆっくり大きく10回実施しましょう。

 
このエクササイズの注意点は、すべての動きだしは骨盤からということです。
腰を中心に動かしすぎないようにしましょう。
この動きが分かれば、骨盤をまっすぐ起こし、良い姿勢を保つために役立ちますよ。

avatar

岡本 雄作

整形外科にて1ヶ月に約800名の患者様のトレーニングに携わり、安全で効果的なエクササイズの提供とフィットネスクラブにて約70本/月のセッションを実施。 個人指導は合わせて120本/月 実施。 フィットネスクラブのクライアントには、ダンス競技者、競技エアロビクス選手、何歳からでも飛距離が伸びるゴルフ愛好家、痛み改善希望者、ダイエット希望者など。

関連記事

all all all
トップへ戻る