フィットネスレポート

身体の排熱システムを理解して効果的な熱中症対策を!vol.1「人間は常に”熱”と戦っている」

2012.08.03 カテゴリ:カラダ改善

熱中症関連の記事が、紙面を賑わせるようになってきました。
熱中症対策・・・・あなたはどうしていますか?

冷房、水分補給、などなど
特に冷房に関して言えば、環境をどうにか変えようというわけですね。

環境を変えてやることも勿論必要ですが、
過剰になれば環境に適応する能力が低下する一方です。
もし環境が変えられない状況になったらどうしますか?

すだれ・よしず・打ち水・うちわ・氷枕など、暑さから逃れる様々な文化が昔からありますし、
それ以上に大切なのは自分自身の身体が「熱」を対処できているのかどうか?だと思うのです。
今日から数回にわけて「熱中症」について考えてみます!

夏だけではない!人間は常に「熱」と戦っている!!

人間は外の環境に関わらず、常に体温を36度前後に保っています。動けば熱が発生します。
なので「動物(動く生物)」である我々はは常に熱を作り続けていると言えます。

ここで私たちの身体が何から作られているかを考えると、
凄く「熱」に弱いものが多いのです。
私たちの身体は主に
・水(60~70%)
・脂質(15~18%)
・タンパク質(15~18%)

からできています。

その中で、水以外は僅か43度近傍で変性を起こしてしまうほど、熱に弱いものです。
ということは、熱をスムーズに捨てることができなければ、
夏に問題となる「熱中症」を筆頭に、熱によって身体が壊れてしまうのです。

 
次回からは・・・
私たちはどうやって「熱」を捨てているのか?
についてお送りしますね。

avatar

ソーシャルフィットネス Socialfitness

ソーシャルフィットネスとは、ソーシャルメディアを活用してフィットネスをもっと楽しむための総合サイトです。様々なインストラクターやトレーナーとのコミュニケーションやイベント情報をはじめ、プロによるフィットネスや健康に関しての様々な情報を発信していきます。

関連記事

all all all
トップへ戻る