フィットネスレポート

偏平足を理解して快適なを歩き姿勢を手に入れよう! vol.5「改善のセルフエクササイズ」

2012.07.15 カテゴリ:カラダ改善

福岡市南区のパーソナルトレーニングスペース「Personal Body Management」
提携パーソナルトレーナー兼ピラティスインストラクターの中原義浩です。

前回は偏平足になりやすい原因について説明させていただきました。
最後は予防の為のセルフエクササイズについて、実体験を踏まえてご案内させていただきます!
 

改善のセルフエクササイズ

偏平足のようにアーチが下がっている方は足指・足首の動きが出づらくなっている方が多いため、
前回の内容にもありましたが、それらは動かせる状態であることが大切です。
特に動きが出づらくなってくるのが、指を伸ばす動きですね。

床から指を浮かせられない方は、最初はご自分の手の力を使って指を反らせてみて下さい。

そうすると足裏がベッタリな方でもアーチが持ち上がってくると思います。 
*足の力は楽に足裏が浮いてこないよう注意しましょう。

足のアーチを引き上げるためにはこの指を伸ばす動きが欠かせません。
歩く時や走る時は足首の動きだけではなく、足指の無意識的な動きによるアーチの上下動が起こり、
足にかかる負担を和らげてくれているのです。

それが運動不足や窮屈な靴を日々履き続けることによって、
気が付けば動かないといった状況を作ってしまいます。
ですので、日常の中で意識的に動かすことが大事ですね。

ご自分で指を動かせない方はまず手で前後に指を動かす、
または頭の中で指を動かすイメージを持って取り組まれることをオススメします!
回数は10回程度で十分ですので、1日の中で何回か行いましょう。

また、偏平足でふくらはぎが普段から張りやすいという方は、
足首の動きも出づらくなっている方が多いため、
最初は膝を曲げた状態で足首を引き上げる、下ろす動きから始めてみましょう。
10回を1セットとして、これも1日の中で何回か行います。

最初は動かないものですが、続けていくと次第に動くようになってくるのが人間の身体ですので、
3日坊主で諦めずに取り組んでみて下さい!
 

全5回に分けての偏平足に関する記事はいかがでしたでしょうか?
TVや雑誌で見る情報と現場の経験は必ずしも一致するとは限りませんので、
今回は実体験を踏まえながら書かせて頂きました。

偏平足の悩みを抱えている方に少しでも参考にしていただければ幸いです。
最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました!

avatar

ソーシャルフィットネス Socialfitness

ソーシャルフィットネスとは、ソーシャルメディアを活用してフィットネスをもっと楽しむための総合サイトです。様々なインストラクターやトレーナーとのコミュニケーションやイベント情報をはじめ、プロによるフィットネスや健康に関しての様々な情報を発信していきます。

関連記事

all all all
トップへ戻る