フィットネスレポート

偏平足を理解して快適なを歩き姿勢を手に入れよう! vol.4「原因は身近なところから」

2012.07.14 カテゴリ:カラダ改善

福岡市南区のパーソナルトレーニングスペース「Personal Body Management」
提携パーソナルトレーナー兼ピラティスインストラクターの中原義浩です。

前回は、足のアーチの役割が見た目の偏平足よりも
重要であるということを書かせていただきました。
今回は偏平足になってしまいやすい原因についてです。
 

原因は身近なところから

一般的によく言われるのが

・体重の増加
・アーチを作る、維持する筋活動の低下
・足部の血行不良

などが偏平足を誘発してしまう原因となるのですが、
この中で一番の問題はやはり筋活動の低下だと思っています。

それを確認するため、まずは足首を動きをチェックします。

どうでしょう?
つま先を倒す動きは出来ても、足首を反らす動きが思うように上がらなかったりしていませんか!?
最低でも足裏が床に対して直角となるまでは上げてもらいたいですね。

足首の動きともう一つ、足指の動きもチェックしてみましょう。

これも指を曲げる(床をつかむ)動きは出来る方が多いのですが、
指を反らす(床から浮かせる)動きはいかがですか?

無理して足裏が浮かないよう行って下さいね。
偏平足な方はこの指を反らす動きが出来なくなっている方が意外と多いのです。

偏平足を気にされる方で、まさか自分はと思う方は一度確認してみて下さい。
このように筋活動の低下が起こることで、足関節・足指の動きも悪くなり、
結果的に偏平足を誘発しやすくなってしまいます。

特に足の指を動かす筋肉は足のアーチとも関わりが深いため、
足指が動きづらくなっている方は要注意ですよ。

ヒールや革靴など足が窮屈となるような履物を普段から使用される方は、
前回の記事でも書いた通り、アーチの上下動が起こりづらくなり、自然と足が疲れやすくなるため、
普段から足指、足首の筋を動かせるようにしておくことが
偏平足で足が疲れやすい事に対しての予防に繋がります。
 

最後の記事では実体験を踏まえた予防の為のセルフエクササイズをご案内していきます!

avatar

ソーシャルフィットネス Socialfitness

ソーシャルフィットネスとは、ソーシャルメディアを活用してフィットネスをもっと楽しむための総合サイトです。様々なインストラクターやトレーナーとのコミュニケーションやイベント情報をはじめ、プロによるフィットネスや健康に関しての様々な情報を発信していきます。

関連記事

all all all
トップへ戻る