フィットネスレポート

環境と体調を整えて健康的な生活を!!! | 身近な病気について考えるvol.1

2013.07.29 カテゴリ:カラダ改善

005_oonishi
トータル・ボディデザイン・フィットネス VADYの大西です。
本日より3回に渡り、普段よく耳にする身体の症状について考えてきたいと思います。
 
気温の変化が大きくなると風邪をひいたり体調を崩しやすくなります。
そこで今日は風邪について紹介させて頂きます。
 

風邪の予防は環境整備と体調管理

風邪の原因

風邪の原因は、80~90パーセントがウイルスの感染です。
風邪をひくと1回の咳で10万個、1回のくしゃみで100万個のウイルスが空気中にばらまかれます。
このウイルスは湿度の高い状況では、すぐに地面に落下してしまいます。
ところが、湿度が40パーセント以下になるとウイルスの水分が蒸発して軽くなるため、
落下速度はゆるやかになり、約30分間、空気中を漂うことになるのです。
 

風邪の予防方法

予防法としてまず環境づくりが大切です!!
ウイルスが嫌いな部屋は、湿度60~80%、室温20~25度といわれています。
湿度が50%になると、ウイルスの生存率は約3%になります。
乾燥しやすい季節には部屋の湿度を保つように心がけましょう。
 
環境面が整ったら、後は自身の体調管理です!!
トレーニングを怠らず体力をつけていきましょう☆
 

avatar

大西 健太

大阪のトータル・ボディデザイン・フィットネスVADYでパーソナルトレーニング・ダイエットトレーニング・パーソナルストレッチ・食事指導・姿勢改善・ランニングインストラクターなど、多方面で活躍するトレーナー

関連記事

all all all
トップへ戻る