フィットネスレポート

血液の流れを促進させる!|ダイエットの挫折を乗り切る方法-vol.6-

2013.06.21 カテゴリ:ダイエット

takano_06
皆さん、こんにちは。
女性の美しい魅力を引き出すパーソナルトレーナーの高野 麻衣子です。
 
昨日書いた「血管コンダクタンス」の続きです。
※昨日の記事はコチラ
筋力アップが血液量のアップにも繋がる!?|ダイエットの挫折を乗り切る方法-vol.5-
 

血液の正常な流れを手に入れる

血液は、必要なところに必要なだけ流れてなんぼ。
血管コンダクタンスが低くなると、血圧も上昇してきます。
血液を流れやすくするためには、以下のことが大切です。
 

適度な運動、姿勢

ここでは自発的な運動が望まれます。
無理強いさせられた運動はストレスが溜まりやすく、
そちらも血管コンダクタンスが低くなる要因だそうです。
ストイックでも良いですが、そこに楽しさがあるのがベストですね。
また、姿勢が整っていると、使うべき関節が正しく動いていくので、
こちらも併せて考えてあげると、運動効果が増してきます。
全身運動(ランニングなど)は様々な効果をもたらしくれますが、
多くの箇所に力が入る運動は、直後の脳貧血も起こしやすくなるというリスクもあるので、
使うところ、安定させるところが明確になっているトレーニング(ピラティスなど)も
有効的だとのことでした。
今、普段から余計なところに力をかけてしまっている方がすごく多いので、
「力を抜く」という意識も大切になってきますね。
こちらは姿勢、ストレスにも大きく関与してくる部分です。
 

栄養

血液をサラサラにする効果があると一般的に知られているのが以下の食材です。
 
青魚・・・血中の脂肪を減らす不飽和脂肪酸(EPA/DHA)が豊富。
海藻・・・ぬめり成分のアルギン酸は、血糖値やコレステロールの低下を促します。
きのこ・・食物繊維が豊富で、余分なコレステロールを体外へ排出します。
野菜・・・食物繊維や抗酸化作用の強いビタミンCやE、β-カロチンが豊富に含まれ、
     血液や血管をはじめ、全身の老化を防いでくれます。
納豆・・・ナットウキナーゼという酵素が血小板の凝集を抑え、血栓を溶かし血液をサラサラに!
・・・・酢に含まれるアミノ酸は脂肪の分解を促し、クエン酸は血中の老廃物の排泄を促します。
緑茶・・・血中コレステロールを下げるカテキンやビタミンCが豊富。
  
 

心的ストレス

ストレスは血液の流れを悪くする原因のひとつです。
ストレスを感じると自律神経の働きによりアドレナリンなどのホルモンが血液中に分泌されます。
すると心臓の働きが活発になるほか、血管が収縮するため血圧が上昇します。
また、アドレナリンの作用により血球も活発化して血液の粘度を増し、
ドロドロ血液の原因にもなるそうです。
 
 
普段の運動習慣・食生活は、長い目でみると5年後、10年後の私たちの身体をつくっています。
自分にとって、無理なく、楽しくできるものをチョイスして、
いつまでも美しく健康的に在りたいですね。
 
是非参考にしてみてください。
 

avatar

高野 麻衣子

ボディメイク(美脚・美背中・姿勢改善)やダイエットを目的とした女性を対象にマンツーマンセッションを担当。 美脚エクササイズやウォーキングイベントを各地で開催する他、運動指導者向けセミナー講師としても活動中。

関連記事

all all all
トップへ戻る