フィットネスレポート

普段の生活の中に運動を効率的に取り入れる|ダイエットの挫折を乗り切る方法-vol.4-

2013.06.19 カテゴリ:ダイエット

皆さん、こんにちは^^
ダイエット・ボディメイク専門パーソナルトレーナーの高野麻衣子です。
 
今日ご紹介するのは、毎週トレーニングにいらっしゃる
耳鼻科のお医者さんをしているクライアントさんのお話です^^
 

仕事中に取り入れられるトレーニングを探す

花粉症の時期には患者さんの来院が多く、
通常の倍くらいの方が診療にいらっしゃるんだとか。。。
パーソナルトレーニング以外で運動したくても、時間がなくて運動ができない。
そんなお忙しい状況の中、クライアントさんが日々実践してくださっていることがあります^^
それは…
「診療中にスクワットをすること」
 
耳鼻科のイスは、患者さんの位置を上下に移動できるようになっています。
クライアントさんはその機能を使わないようにしたとのこと!
患者さんを動かすのではなく、ご自分がスクワットをして
高さを調整しながら診察をしているんだそうですーーー\(◎o◎)/!
す、すごい…!!!!
 
このような工夫をすることで、まとまった運動する時間が取れなくても、
仕事中に下半身の筋肉をバッチリ鍛えることができますね♪
その成果もしっかり出ていて、
以前は苦手だった内ももやお尻を使ったスクワットが安定して行えるようになり、
持久力もついてきました^^
 
ちなみに…スクワットはこんな感じのトレーニングです♪
takano_04
 

自分の仕事に合わせたトレーニング方法

週に1度しっかり運動をしたからといって、
身体がすぐに快方に向かうかと言ったらそうではありません。
例えば、毎日7~8時間座りっぱなしで仕事をしているとしたら…
運動効果がどこかに吹っ飛んでしまうくらい、身体は運動不足状態になると思うんです。
座り仕事は同じ姿勢を続けることにもなりますので、
筋肉や関節も硬くなって、肩こりや腰痛を引き起こすことも少なくありません。
 
でも、お仕事が忙しい時はなかなか運動する時間をつくるのが難しいですよね。
「寝る前に5分でいいからストレッチを!」
と言っても、習慣になるまでがなかなか大変(-_-;)
意識して行動を習慣化するのって、意外と簡単ではありません。
だからこそ、
「ご自身が普段行っていることに、新しく習慣にしたいことをプラスする」
という工夫が大切なんですね♪
 
よくある「ながら運動」というのは、その良い例だと思います^^
やり方が間違っていてもいいから、まずは実践してみる。
このチャレンジ精神がとっても大切です♪
何かを日課にしたいけど、なかなか続けられない…という方は、
是非、日々の生活にひと工夫加えてみてくださいね♡
 
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 

avatar

高野 麻衣子

ボディメイク(美脚・美背中・姿勢改善)やダイエットを目的とした女性を対象にマンツーマンセッションを担当。 美脚エクササイズやウォーキングイベントを各地で開催する他、運動指導者向けセミナー講師としても活動中。

関連記事

all all all
トップへ戻る