フィットネスレポート

脂肪が燃焼しにくくなる冬に向けてチェックしておきたい「脂肪燃焼のメカニズム①」

2013.10.02 カテゴリ:ダイエット

vady_10_02
 
トータル・ボディデザイン・フィットネス VADYの大西です。
今日は脂肪燃焼について紹介させて頂きます!
 

脂肪の燃焼を細胞単位で考える

脂肪燃焼といえば有酸素運動ですが、身体の中ではどのように燃焼されているでしょうか?
脂肪細胞から脂肪酸を血中に放出し、ミトコンドリアに運んで燃焼します。
この中でCLA(共役リノール酸)やカルニチンなどが燃焼の手助けをしてくれます。
 
脂肪をゴミに例えると…

1.収集

→CLAが脂肪細胞から脂肪酸(ゴミ)を取り出す
 

2.運搬

→カルニチン(ゴミ収集車)がミトコンドリアに運搬
 

3.燃焼

→ミトコンドリア(ゴミ焼却場)で燃焼
 
以上のような過程で脂肪燃焼は行われます!
 
次回は【カルニチン】と【CLA】について、その摂取法について書かせて頂きます。
 

avatar

大西 健太

大阪のトータル・ボディデザイン・フィットネスVADYでパーソナルトレーニング・ダイエットトレーニング・パーソナルストレッチ・食事指導・姿勢改善・ランニングインストラクターなど、多方面で活躍するトレーナー

関連記事

all all all
トップへ戻る